滋賀4区12月14日(日)は投票日近江八幡市、甲賀市、湖南市、東近江市(旧愛東、湖東町を除く)、蒲生郡(日野町・竜王町)

衆議院議員候補とくなが久志

民主党|連合滋賀チームしがとともに推薦

期日前投票もすることが可能です。詳しくはこちら

とくなが久志公式サイトはこちら

暴走を止める!今こそ流れを変えるとき。

とくなが久志活動予定

12月13日(土)の予定

選挙戦最終日。さわやかに、しなやかに、したたかに。全力で走りぬきます。

とくなが久志は、「安倍政権の暴走を止める!」

皆さんのお力をお与えください。

 

(個人演説会)

19:00 県立男女共同参画センター(G-NET) https://goo.gl/maps/kZjMo

応援弁士:嘉田由紀子・元滋賀県知事、武村正義・元大蔵大臣、奥村展三・元衆議院議員

 

※急遽予定が変更になる可能性があります。ご承知おき下さいますようお願いいたします。

 滋賀4区 とくなが久志/とくなが久志

子供たちの未来のために

プロフィール

1963年
生まれ 近江八幡市立金田小
1982年
近江兄弟社中卒業
1987年
県立彦根東高校卒業
1991年
早稲田大学政治経済学部卒業
1999年
(財)松下政経塾卒塾
2003年
滋賀県議会議員 初当選
2007年
滋賀県議会議員 2期目当選
2010年
参議院議員 初当選
2011年
外務大臣政務官 就任
2011年
外務大臣政務官 再任
2011年
民主党副幹事長
2012年
参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長
2013年
2期目を目指し出馬するも、惜しくも落選

主な現職

  • 民主党滋賀県総支部連合会副代表
  • 民主党滋賀県第4区総支部長

主な職歴

  • 外務大臣政務官
  • 参議院予算委員会理事
  • 民主党副幹事長
  • 参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長
  • 社団法人近江八幡青年会議所監事
  • 学校法人近江兄弟社学園評議員
  • 早稲田大学校友会代議員
  • 国際松濤館空手道連盟滋賀松濤館会長
  • 近江八幡市若葉町自治会長
  • 近江八幡市立金田西保育所保護者会会長

今こそ、流れを変える時。

今夏の三日月大造知事の誕生によって、「いのち」を守り、「人の力」を生かす、「草の根自治の滋賀」を作ろうとの県民の思いが大きな流れを作りました。琵琶湖をはじめ自然と共に生き、すべての人に「居場所と出番」のある共生社会をみんなでつくっていく。そのためにも、今こそ流れを変える時です。

1.国民生活に十分留意した柔軟な金融政策

  • アベノミクスによる国民生活の悪化を踏まえ、消費税引き上げは延期します。
  • 極端で硬直した「異次元」緩和よりも、経済、財政状況、市場環境を踏まえ、「国民生活に十分留意した柔軟な金融政策」を日本銀行に求めます。
  • 補助金交付を通じたガソリン・軽油などの価格高騰対策を講じるなど、円安によるコスト増大に苦しむ生活者、中小企業、農林水産業者を支援します。

2.グリーン、ライフ、農林水産業、中小企業。未来につながる成長戦略

  • 滋賀の強みと力を活かした、グリーン、ライフ、農林水産業、中小企業に政策資源を集中します。
  • NPO税制を維持・拡充するなど、新しい公共を進めます。
  • エネルギーの地産地消を進め地域活性化・雇用創出を実現します。
  • 臨床研究拠点の拡充、医薬品医療機器総合機構の機能強化を進め、ライフ産業の基盤を強化します。
  • 農業者戸別所得補償制度、6次産業化により農業所得の向上を図り新規就農者を増やします。
  • ものづくり技術・技能伝承、起業・創業・育成支援体制強化、海外展開支援などを、中小企業担当大臣の下で一元的に推進します。

3.2030年代に原発ゼロの社会をめざす

  • 東日本大震災の教訓―原発事故による被害者・被災者・避難者をこれ以上つくらない。
  • 2030年代に原発稼働ゼロが可能となるよう、あらゆる政策資源を投入します。

4.子育て支援、雇用の安定、老後の安心。「生活の不安を希望に変える人への投資」

  • 子育て支援、 雇用の安定、老後の安心など、「生活の不安を希望に変える人への投資」により、可処分所得を増やし、消費を活性化します。
  • 社会保障制度の安定化・充実により将来不安を軽減します。
  • 非正規雇用の待遇改善、正規雇用の増大を図ります。
  • 35人以下学級の推進、所得制限のない高校授業料無償化制度、給付型奨学金制度を創設します。
  • 「スポーツと文化の10年」に向け、スポーツを通じた体力づくり、健康づくりを支援します。

5.国家の自立を守り、アジアに繁栄の秩序をつくる

  • 外務大臣政務官としての経験と海外とのパイプを活かします。
  • 日本の主権を守り、海洋国家日本の礎である離島を含む領土・領海の防衛に総力をあげて取り組みます。
  • アジア太平洋地域において、貿易・投資と紛争回避のルール作りを主導します。
  • 憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認には反対します。

6.琵琶湖を再生する

  • 琵琶湖の生態系を含めた水質汚濁メカニズムの解明など、国が全面的に支援する新たな仕組みの構築を定めた「琵琶湖総合保全法」の成立をめざします。

大義なき解散・総選挙です。 集団的自衛権の行使容認、物価上昇と実質賃金・実質可処分所得の減少、介護保険「要支援切り」などの社会保障の軽視、 労働者保護ルールの改悪、米価下落でも 交付金半減…。 まずは、安倍政権の暴走を止める!! いのち、暮らし、雇用を守ることが、 持続的な成長と国民生活の 向上につながります。 互いに支え合い、分かち合い、 励まし合う共生社会をつくろう、 今こそ、流れを変える時です。