活動報告

ツイート
  
 

本会議登壇・同期当選一番乗り!消費者庁設置関連法案について

2009年04月22日 活動報告

「とくなが久志」は、参議院本会議にて消費者庁設置関連三法案について質問、消費生活相談員の待遇改善などを求めました。

同期当選議員では、1番目の本会議登壇となった。

まず、地方の消費者行政を充実させることが急務であるとして、非常勤でありながら週5日フルタイムで雇用されている常勤的非常勤職員が相当数を占める相談員の待遇を改善すべきであると訴えました。

また、消費委員会の委員長及び委員への民間からの登用、消費者庁長長官にどのような人物をあてるかに関して麻生首相に質問、消費者委員会の委員長・委員は民間から、消費者庁長官には「官民を問わず最もふさわしい方」との答弁をえました。

さらに、平成19年度の消費者被害額は、最大で3兆4000億円、被害件数は225万7000件に上ると試算されていることを指摘、財産被害救済のための仕組みの提案を約束するように要求しました。

★20090422本会議代表質問101502 - コピー ★20090422本会議代表質問 102108 - コピー

 参議院議員/滋賀 とくなが久志/とくなが久志

 

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ